祝水 / Hafuri no Mizu

#Composite art

Date : Sept. 2016

Place : SUNTORY HALL, Tokyo

hafurihafurinomizu114424773_1105015689591317_7514336077271376202_o

IMG_0245IMG_0137IMG_0135

サントリーホール30周年記念 参加作品として「フロンティア・プロジェクト」の企画で数ある作品の中から選出され、サントリーホールと共催で公演・発表。

巫女として8年間奉職した経験を持つ  舞道家 柳元美香 氏との共作となった本作は、
あらゆる生命の根源である ‘水’ をテーマにした総合芸術の作品。

まだ誰も触れていない何処までも透明な ‘ 太古の水 ‘ 自然を行き交う壮大な ‘ 水の巡り ‘ を
空間に立ち上げることを「時間」全体の構成要素から目指した。

音と舞が捧げる水への ‘ 祈り’、それが生み出す場全体での水への「祝い」、
その先に発生する多様な源流へとアクセスする時間を作品とした。

自身は企画・総合演出を柳元美香 氏と共に行い、
その他にアートディレクション・作曲・香りを担当して声のパートとしても出演。

ピアノ・編曲 を担当した高橋全 氏が演奏の総指揮を行い、笙・竽(雅楽)の 豊明日美 氏、
ヴァイオリンの Misao Hosoya 氏 をはじめとした特徴的な楽器隊を効果的に活かした構成に仕上げた。

また、見えない点と線による ‘ 間 ‘ を設計し、音#光#香り#植物#美術#衣裳#茶を基軸の要素とした
各分野に芸術家が集結して作品の細部まで純度を高める試みを行った。

目白庭園(2016.1)、梅若能楽学院会館(2016.6)での発表を経て迎えたサントリーホールでの公演は
昼/夜の2部とも満席となり、大盛況のもと閉幕した。

IMG_0134IMG_0138IMG_0136IMG_0128IMG_0139IMG_0140IMG_0142IMG_0144IMG_0133IMG_0143IMG_0141IMG_0247IMG_0115IMG_0123IMG_0117

14425348_960049917438199_4613598532306450376_oIMG_0246

企画 ・ 総合演出 / 和泉 侃、柳元 美香

作曲/ 和泉 侃(楽曲「雲中菩薩」の1曲を除く)

振付け/ 柳元 美香

舞台監督 / 谷 真人

ディレクター/ 今泉愛理

出演
舞:柳元美香、井田美保子、東泉沙也夏、梅田有希、田中奈緒、矢向ひとみ

舞踊家:金野泰史

声:和泉侃、根来泉

ピアノ/ 編曲:高橋全

笙:豊明日美

ヴァイオリン:MISAO

チェロ:成田 千絵

ハープ:Ailing Sai

響き:山本コヲジ

特別出演
ピアノ:新屋賀子(雲中菩薩 演奏)

空間づくり
舞台設計:小山田みつ枝

衣裳デザイン:小瀧真理子

ヘアメイク : 鈴木碩子

香り:和泉 侃

照明デザイン:服部高久

舞台照明:辻渉(ライズ)

植物(生花、ヘッドドレス):前芝良紀(varench apart15)

美術(花器):清水太二

美術(大盃):大中原由紀

おもてなし煎茶:和美茶美

茶師:上嶋伯協

サウンドエンジニアリング:角田彰久

写真 /  芦澤望

主催 / 祝水プロジェクト、サントリーホール
協賛 / わなびば333、くるくる Global Hub、Japan Global Association(株)