Artwork / はかぜ – 重要文化財・横浜開港記念会館

2015.9.5(土)横浜開港記念会館にて総合芸術作品「はかぜ」を 発表させていただきます。

同日、 書道家 曽布川龍玄 氏が行うライブパフォーマンスのためのオリジナル楽曲をつくり演奏するという形での共演もあります。

「はかぜ」は ‘ 鳳凰の一生 ‘ を描いたで作品で、ダンサー Sachiko氏のために織られた番いの鳳凰の着物よりインスピレーションを得て制作しました。

#音楽#舞#映像#香り#光で基軸を構成し、企画・総合演出・アートディレクション、3曲から成る組曲の作曲、香りの制作を自ら行い、和泉侃の本格的な総合芸術の処女作となります。

企画・ 総合演出・作曲・ 香り・声 / 和泉侃

舞台監督 / 庵原悠

着物 / 南部康成

舞 / Sachiko

映像 /  成田 将史

ピアノ・ 編曲  /  高橋全

バイオリン / 美 嶺

コントラバス / Ari Kumeta

龍笛 /  柿本行廣

衣裳 / 山下莉枝

舞台設計 / 小山田みつ枝

音響 / 角田彰久

照明 / 新井美咲、浜松幸

写真 /  芦澤望